月別アーカイブ: 2017年11月

佐賀の小さな写真館の挑戦「SA GA LAND」撮影完了しました。

ハレノヒ代表の笠原です。

サガランド???

ハレノヒのfacebookページをフォローされていない方には何のことかわからないと思いますが、昨日11月23日に制作を予告していた、勝手に佐賀県PR動画制作プロジェクト「SA GA LAND」の撮影を行いました。

この動画はハレノヒのテーマである
「小さな写真館にできること」

を行動で示すプロジェクトで、どこからかの発注ではなくハレノヒが完全自主制作で作っている佐賀県非公認PR動画です。

このプロジェクトの進めるにあたり、ホームページのような役割と仲間を募る目的でクラウドファンディングを活用しましたが、さすがに目標額には届かず……(そんな中、動画については何の実績もない小さな写真館への応援を出資という形で支援していただいた皆様、本当にありがとうございました。素直に嬉しかったです!)
しかしその資金ありきのプロジェクトでは元々ありませんので、しっかり制作をさせていただきました。

 

『どのような目的でこの動画を作ったのか?』

それは2~3週間後に完成する「SA GA LAND」を正式公開してから書こうと思いますので、今回のブログでは撮影完了の報告を少し中身のネタをご報告しながら当日の写真でご紹介したいと思います。

 

撮影当日。
前日降っていた雨もすっかり上がり、夜明けから青空が覗いていました。撮影にはもってこいの天気です。

制作チームはAM5:30に現地セッティング開始。
衣装が必要なキャストはAM6:00からレミネスで着付けです。

 

撮影現場は、佐賀が誇る有明海。
シチメンソウという有明海特有の塩生植物が見られる場所を借り切っての撮影です。

ちなみに「SA GA LAND」は今年大ヒットしたハリウッドのミュージカル映画「LA LA LAND」のオープニングシーンをオマージュした作品なのですが、長回しと呼ばれる手法を用い、編集なしCGなしの難易度の高い動画です。
また使用する音楽もオリジナルで佐賀バージョンを作り、当然ながら完成度の高いものを目指しました。

 

監督と脚本は伊野瀬優氏。
現場ではその伊野瀬監督の指示のもと、準備が行われていきます。
(ちなみに伊野瀬氏はあの「シン・ゴジラ」の助監督を務めるなど、今後の日本の映画界を背負っていくであろうお方です)

 


(呼子から借りてきたイカの乾燥マシーンにリアル烏賊を配置)


(トラック内のキャストと打ち合わせ中)

 


(あの後ろ姿は……)


(こちらもキャストです)

 

そしてメインキャストのリハーサルがAM9:00から開始、 AM10:30頃からはエキストラも入っての本番です。

総勢70人を超える参加人数。
自主制作としては結構大掛かりな現場なのです。
実は私自身がカメラマンとしてカメラを回していたので、残念ながら撮影中の写真がほとんどありません。

しかし本編とは別にメイキングの動画も撮影してもらっているので、撮影中の雰囲気はお正月前後完成予定のメイキング動画で見れると思います。(ある意味本番中は現場の動きを私も見れてないのでメイキングは非常に楽しみです)

午前中の撮影が順調に進み、予定通りお昼休憩。
みんなの楽しそうな顔を見ることができてとてもハッピー。

そして午後の撮影へ。
本番前にもう一度ダンサーチームの合わせ。

PM2:00からは手配をしていた気球を入れての撮影の予定でしたが、強風のため気球は断念せざるをえませんでした。(残念……)
(膨らますことができず……)

 

そしてPM3:00すぎ。
監督の「OK!」の合図が出て撮影終了です。

小物で使った烏賊は大人気!60Kgの人参もそれぞれ持って帰っていただきました。

 

今回のブログの最後に、来ていただいた皆様にメッセージを。

とても寒い中、皆様全員が一生懸命各自の役割を完ぺきに果たしてくださいましたことに改めて感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
不行き届きの点も多々あったと思いますが、どうぞご容赦ください。

皆様の思いに報いるために、あとは私たちがいい作品に仕上げ、そして多くの人をこの動画で笑顔にしたいと思います。

完成まで楽しみにお待ちください!